• TOP
  • アキレスエアロンFR-NF

ノンフロン吹付け断熱システム

アキレスエアロンFR-NF

「アキレスエアロンFR-NF」は、発泡剤としてフロンをまったく使用しない、二酸化炭素のみで発泡する高難燃性の吹付けイソシアヌレート変性硬質ウレタンフォーム(現場発泡品)です。

アキレスエアロンFR-NF_1

アキレスエアロンFR-NF_2


京都議定書が発効されました。(平成17年2月)

京都議定書がいよいよ発効され、地球温暖化防止対策が一層求められます。

発泡剤ハイドロフルオロカーボン(HFC)は温室効果ガスです。

オゾン層破壊対策として2003年末で生産・輸入が全廃されたHCFC-141b(特定フロン)に替わる発泡剤として、HFC(代替フロン、次世代フロンともいう)が中心に使用されています。このHFCはオゾン層破壊はしませんが、京都議定書では温室効果ガスに分類されています。

画期的なノンフロン発泡技術

従来、ノンフロン発泡として、水とイソシアネート(硬質ウレタンの原料)との化学反応で生じる二酸化炭素を使って発泡させる、いわゆる水発泡技術がありました。しかしながら、この技術は施工性・接着性が悪く、高密度になるといった問題があり、僅かしか利用されていませんでした。当社は、超臨界二酸化炭素発泡という画期的な発泡法(特許出願済)によって、これらの問題を解決した上で、「難燃材料」評価試験に合格する、ノンフロン吹付け(現場発泡)断熱システム「アキレスエアロンFR-NF」を開発し、実用化しました。

1.難燃性を有します。

「アキレスエアロンFR-NF」は難燃性を有します。

2.グリーン調達に適合

環境省が定めた「グリーン購入法基本方針の特定調達品目及びその判断の基準」に適合します。

3.熱伝導率が低く、断熱性にすぐれている

「アキレスエアロンFR-NF」は、無数の気泡でできた発泡体で、すぐれた断熱性を発揮し、熱伝導率は0.034W/(m・K)以下で「住宅の省エネルギー基準の解説」の断熱材の種類D群に相当します。 

4.目地のない断熱層を実現

スプレー工法では、目地の無い断熱層が得られ、結露や断熱ロスの原因となる、目地からの熱や水蒸気の浸入を防ぎます。

5.作業の省力化と工期の短縮を可能に

スプレー工法は他の断熱工法に比べ、工期の短縮化、人件費の削減等によりコストの低減が図れます。

6.耐熱性・対薬品性にすぐれている

-70℃から100℃と幅広い温度範囲で使用することができます。また、溶剤や弱酸・アルカリ、油にも強い性質を持っております。

アキレスエアロンFR-NFの物性表

項目 単位 備考
原液粘度 mPa・s/20℃ 80~1500 JIS A 9526
圧縮強さ kPa 80以上 JIS A 9526
熱伝導率 W/(m・K) 0.034以下 JIS A 9526
接着強さ kPa 80以上 JIS A 9526
透湿率 ng/(m・s・Pa) 9.0以下 JIS A 9526
燃焼性   合格 JIS A 9526
難燃性 合格(20%) 法定難燃材料評価試験
合格(20%) 難燃3級(JIS A 1321)

●アキレスエアロンFR-NFはJIS A 9526のA種1に相当します。
●上記値は弊社測定値であり保証値ではありません。

このページトップへ▲